朝バナナダイエット

14kg痩せた!今、話題の朝バナナダイエットで痩せる人、太る人

雑誌、インターネットで話題のダイエット方法。

『朝バナナダイエット』

“朝バナナを食べる”だけ。
昼食、夕食は好きなだけ食べていい。
おやつも食べていい。

こんなんで、果たしてホントに痩せるのか?

もちろん、痩せます!
しかし現実には、痩せる人と太る人がいます。

この無料レポートでは、朝バナナダイエットの
一番気になることが、書いてあります。

それは・・・

無料でお教えしますので、今スグ、ダウンロード
してください。



無料レポート
14kg痩せた!今、話題の朝バナナダイエットで痩せる人、太る人



アズキの効能

赤飯、アズキ粥は昔から日本の祝い事に登場し、
さまざまな効果効能が認められてきました。


便秘に効果のある食物繊維、利尿作用のある
カリウムが豊富で、コレステロールや塩分など
不要なものを体外に排泄する作用があります。



解毒効果もあり、二日酔いをやわらげ、さらに水太り
タイプのダイエットにも効果があります。


また外皮に含まれるサポニンという成分は、
腸を刺激して便通をよくし、尿の排泄を促します。


ほかに、心臓病や腎臓病に大変効果があり、
むくみを取り除きます。


アズキは、1日20〜30gが目安で、
サポニンの効果を生かすには、皮ごと食べることが基本。


こしあんより粒あん、しるこよりぜんざいのほうが
有効なのです。


ただ、アズキがダイエット効果があるといっても、
大量の砂糖で調理しては逆効果。

薬効を生かすには、ゆがいて少量の塩か、ハチミツ
で食べるようにして下さい。


麦の効果


麦には、大麦、小麦、ライ麦、オート麦があり、
ご飯に混ぜるのは大麦です。


お米に1,2割混ぜて食べるのがいいでしょう。


この麦は、食物繊維が多いので、白米だけで食べるより
混ぜて食べた方が噛む回数も増え、少量で満腹感が
得られます。


お米の炭水化物の吸収が妨げられるため、
ダイエットに効果的。


肥満対策に、糖尿病の食事制限に用いられています。
整腸作用が優れ、消化を促し、便秘、肌のトラブルに
効き目を発揮します。


ただし、大麦には熱を下げる効果があるため、
胃腸の冷えから来る下痢を起こしやすい人、
産婦で母乳が出にくい人は、食べるのを控えた方が
いいでしょう。


白米に混ぜるには、押麦を使い、水加減を多めに炊きます。
一般的に利用されているのは麦茶としてですが、ほかにも
大麦を炒って粉にしたムギコガシなどがあります。




Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。