高血圧の人は、そばを食べよう


そばに含まれるルチンは、ビタミンPの一種。

毛細血管を丈夫にする効果があるので、
脳卒中や動脈硬化症を予防します。


細く長生きしたいという願いから食べる年越しそばには、
実際そういう効果があります。


ルチンは水溶性ですから、そば湯を飲むのも有効です。
ただし乾麺のそば湯には効果がありません。
血圧の高い人はそばを常食すると血圧が下がります。



また、そばを選ぶときのコツとしましては、普通そばは、
小麦粉をつなぎとして使っていますから、そば粉を多く
使っているのを選んで下さい。


そして、そばを食べるときはネギと一緒に食べて下さい。
ネギの硫化アリルがそばのビタミンB1の吸収を高めます。


またネギには、炭水化物の代謝を良くする機能もあります。
水溶性のルチンを逃さずに摂取する調理として、そば粉を混ぜて
パンケーキにしてハチミツで食べたり、粉を練ってそばがきに
するのもいいでしょう。




Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。