風邪の咳にはキンカンを

かぜの咳止めには、金柑を


金柑の果皮に、刃物で切り目をいれ、

軽くゆでてから竹串で種を除き、


果実の量の60〜70%の砂糖と水を


ひたひたになる程度に加え、落し蓋をして


中火で煮込み、さらにとろ火で汁がなくなるまで煮詰め


ざるに広げて、2〜3日陰干しすれば、金柑の砂糖漬けの


できあがり。


この金柑の砂糖漬け2〜3個をカップにいれ、
熱湯を注いで3〜5分おき、金柑をつぶして
かき混ぜて飲みます。



こうすることによって、風邪の咳には
効果があるようです。



自然食材健康法


咳止めにギンナンの水煮

咳止めにギンナンの水煮


咳止めにはこれが効果的です。


作り方


ギンナンに割れ目を入れ、
殻ごと弱火で3〜5分炒めます。


殻を取り、水煮に。
薄皮がとれやすくなるので
これを除く。


軟らかくなったらハチミツを加えて
出来上がりです。


咳が止まらないときはこれを
食べて下さい。

タマネギでのどの温湿布


タマネギを使って、温湿布を作ってみましょう。


タマネギをみじん切りにして、盃2杯ほどを用意します。

次に、タオルを横に4つ折にします。
つまり首に巻けるようにマフラー状にするわけです。


そして、その中央にさきほどの盃2杯ほどの
タマネギを入れ、その部分に熱湯をかけます。


そして軽く絞ったら、温湿布の出来上がり。
そのまま首に巻いてください。

アスパラガスによる咳止め法


最近、咳が出て止まらない、という方がわたしの周りにも
やはりいます。


困っている人向けに情報を提供するのが、
私の勤めでありますから、私の知っている限りの

咳止め方法を公開しましょう。


咳止めに効果のある野菜はあまり知られていませんが、
アスパラガスなんです。


薬効はアスパラガスの根茎にあります。


この根茎の半握り、または一握り程度をお湯1リットルの
中に入れ、煮詰めます。

そしてその煎じたものを、1日ティーカップ2杯飲むといい
されています。


咳止めにお試し下さい。

痰の切れない咳、から咳


痰が切れず、ぜいぜいして苦しい咳には
ギンナンを焼くか煮るかして食べるといいです。


また、同じようにくるみも効きます。
殻から取り出したくるみの実、3〜5gを
すりつぶして水で飲むといいでしょう。



また、から咳にはカンゾウ(甘草)を煎じて飲むといいと
いわれています。


カンゾウ6gをカップ2の水で半量になるまで煎じて
かすを残し、これを3回に分けて飲みます。

お試し下さい。


梨を使った咳止め法


梨1個分の絞り汁に、


ショウガとハチミツを適当に加え、


温めて飲みます。




梨の季節にはこの方法がいいと思います。

お試し下さい


長引く咳にはきんかんを



しつこい咳がずっと残ったときは、


きんかんの実を10個ほど煎じ、


これに氷砂糖かハチミツを溶かしたものを


お茶代わりにしょっちゅう飲んでください。



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。