にんにく酒の作り方


昔ながらのにんにく酒。
作り方を覚えておくと、これから風邪の引いた
ときに、便利ですよ。


まず、1.8リットル用の瓶に皮をむいた
にんにくを一杯入れます。


そして少し氷砂糖も入れるといいですね。


そこにホワイトリカーを瓶に8分目に入れればOK。

これで3ヶ月ほどおいて熟成させます。

風邪の引き始めはもちろん、強壮作用、疲労回復、冷え性、
高血圧、動脈硬化などにも効果的で、ストレートでお飲み下さい。



のどが痛いときは金柑とみかん

風邪の引きかけで、のどが痛いときは
金柑を鍋に入れ、ひたひたに水を針、
ハチミツを加えて煮ます。


汁が半分になったら火を止め、
煮汁に熱湯を加えて飲みます。

実を食べてもよいでしょう。


ハチミツを多めに入れると、小さい子どもでも
抵抗なく飲めます。

これも良薬は口に甘しです。


また、みかんの皮3個分にカップ3杯の水を入れ
3分の2になるまで煎じます。


この汁にハチミツを加えて飲んでも効きます。


みかんの皮は、干したものの方が、効き目がありますので、
みかんの季節に皮を干して取っておくと便利ですよ。

もちろん皮はノーワックスのみかんを使います。


子どもの風邪には大根シロップ

大根シロップの作り方


薄く切った大根に水飴をひたひたにかけて
1時間ほどおくと、透明の汁が出てきます。


これを水かぬるま湯で倍くらいに割ったものは、
子どもでも抵抗なく飲める風邪薬になります。

良薬は口に甘し(笑)


咳の出るときにも効果的です。
お試し下さい。

台所漢方のすすめ


背中がゾクゾクッて感じ、風邪かな?
って思ったら、これを試してみてください。

ショウガ6gをすりおろし、ハチミツと熱湯を加え、
熱いうちに飲んでみましょう。

体の芯からポカポカ温まってきます。

風邪は引き始めが肝心です。


ほか、こんな方法もあります。

【ポカポカスープ】


360ccの水にショウガと長ネギを入れて
スープを作ります。


これをこのままスープで飲んでもいいし、
おかゆにしても召し上がれます。


つぎに、
【激汗味噌汁】

すりおろしたショウガと味噌、青じその葉、ねぎ
を器に入れ、そこに熱湯を注ぎます。


汗が噴出す激汗味噌汁の出来上がりです。





Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。