痛風食事療法2

痛風の食事療法では、尿酸値を下げるために、
プリン体を多く含む食品を制限する必要があります。

それには、アルコールの飲みすぎ、動物性脂肪のとりすぎを避け、
魚・大豆などのたんぱく質、尿酸の排出を促す野菜・海藻・きのこなどの
食事を規則正しくとることが大切です。


痛風にいい食品として
里芋の煮ころがしがあります。


里芋のねばねばは、肝機能を高める効果があり、
さらに便秘や肥満の解消効果もあります。

また、里芋は尿をアルカリ化させ尿の酸性化を防ぐので、
尿酸値が高い方にはおすすめの食材です。


痛風には里芋の煮ころがしをどうぞ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。